関西Z/X会
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デッキレシピ 滅竜者ジークフリートデッキ
滅竜者ジークフリートが大好きなのでホロ版四枚揃えたので使いたいが為に作ったデッキです。

スタートカード 愛と美の女神アフロディーテ

IG
LR鍛錬の蹴撃 花梨x3
LR救急合体キュリウムx1
VB疫病機械ポックスx2
蒸発機械エヴァポレイションx2
日出づる国の女王卑弥呼x4
狩猟の女神アルテミスx4
猫の恩返しx4

イベント
2コスト
東京奪還作戦x4
第一種戦闘配備x1

3コスト
ボーイ・ミーツ・ジャスティスx1
スキンシップx1
リトルガーディアンx3

4コスト
タイラントパレードx2

Z/X
4コスト
滅竜者ジークフリートx4
戦略の女神アテナx3

5コスト
九大英雄アレキサンダーx2
マシンライダーウェイx1
整備職人ヒンデンブルグx1

6コスト
メガトンフィストミザールx3
九大英雄シェイクスピアx2

7コスト
貪欲な凶鳥ハルピュイアX1

・デッキ開設
最初の条件としては最速でリソースに三色揃える所から始まります。
赤青緑の三色デッキですが引きが悪くても赤単色、青単色、二色でも
戦える構築です。
先攻後攻どちらでもハンド消費が激しいのが特徴でもあります。
IG成功からの+2コスで一万以下は全て葬る事が出来るのも特徴です。
奪還作戦を握った上でのIG成功で、ほぼ確実に一点取る事ができます。
IGフェイズからのシェイクスピアの登場は優勢時と守勢時でも大きく変わりますし
ハンドにタイラントパレードが握れていれば登場から即攻撃出来るので
相手の意表をつける上に実質4コストで9500打点を叩き出せるので脅威です。
更にパニクロ等を撃たれても奪還作戦で更にごり押しも可能です。
ミザールは基本的に9000そのままで運用で構いませんがリトルガーディアンからの
リソース回復+第一種戦闘配備かボーイ・ミーツ・ジャスティスでパンプ防御でもOKです。
長期戦は不利になりやすいのでなるべく早くケリを付けましょう!
スポンサーサイト
ミサキ杯使用デッキ 地獄のライカンデッキ
デッキコンセプトは『相手に何もさせず速攻で息の根を止める』です。

スタートカード ウェアハムスター

IG
ウェアラクーンx4
ウェアラークx4
ウェアラビットx2
ウェアカンガルーx2
ウェアヘッジホッグx2
ウェアカピバラx4
必倒の槍シュペーアx2

Z/X
2コスト
ダスクアスクx1

4コスト
リス娘ウェアスクワールx4
タイガーズアイx3
戸惑いの少女アリスx3
イヴィルベイン エルブルースx4

5コスト
整備職人ヒンデンブルグx2
月光の魔姫クイーンカグヤx3
棘蜘蛛ニードルスパイダーx2
カミカミする万力x1

6コスト
ロウブリンガーティリチミールx3
骸骨虚人ヒュージゴーレムx3

・デッキ解説
速攻型ですが考えながらプレイングしないと確実に詰みます。
四色構成なのでリソースの運用を間違うとリソースの数はあるのに
ゼクスを出せない状態になるので注意が必要です。
理想のリソースは6コスト時点で緑2白2赤1黒1です。
更にリソースにESを四枚置いておくのが絶対条件です。
リソースにES4枚でカピバラが常時5500で戦えるためです。
常時5500あればK2も二枚で落とせますしオロチも処理可能です。
更に相手は3コスバニラでは突破できなくなります。
そしてそれをアリスで回収し、場に出し続ける事も可能ですし
ティリチミールでデッキに戻す事も可能です。
怖いのはIGフェイズでティリチミールを使い切ってしまうのと
1ターン目の暴発。
トラッシュが0になる上に9000の戦力が減ってしまう事です。
ヒュージゴーレムは手札に持ったらなるべく温存。
トラッシュにES4枚以上の条件を達成してから必ず投入する事です。
スタートのハムスターは倒されたら即IGして問題ありません。
相手先行でアヴィオールでバウンスされたらリソースに置いしまっても
構いません。
リソースに置けばデッキ切れのリフレッシュ処理やティリチミールで
デッキ内にIGとES以外のカードが戻ってしまう事も防げます。
と、言う様な運用をして頂けると問題無く戦えると思います。
9/8ミサキ杯参加レポート
第二回ミサキ杯に関西Z/X会の面子としては私とぎんたんさんと参加して来ました。
使用デッキは二人とも私が作ったライカン四色エヴォルシードデッキでした。
また別記事でレシピを公開します。
私の結果は二勝四敗。
ぎんたんさんは五勝一敗で75人中6位と大健闘でした。

一試合目は勝利 特に何かある訳でも無く。

二試合目は負け 相手PSの65ooの処理に7500を手札に持ちながらも
切り札のヒュージゴーレム(10500達成前)を置いてしまうと言う
痛恨のプレミをしてしまい相手の返しにオロチを出され逆にこちらが
処理に手間取りそのまま押し負けると言う事態に。

三試合目は勝利 先程の様なプレミをしない様に気をつけたので堅実に勝利

四試合目は負け 関東遠征組のクワネルさんと。序盤押しつつ二点取るも最終的に押し切られて負け。
(だったと思う)

五試合目は負け 相手はおけさん、何度も顔合わせしているのに実は初対決。
PS攻めに終始し過ぎて最終的にミスティックアドベンチャーでスクワール回収とIG差で敗北。

六試合目は負け 関東からの遠征組のFireさんと。IGするもESは出てもゼクスが場に出せず制圧差で負け。

総じて性格的に守りが嫌いなので盤面的に不利でもPS攻めをしてしまうプレイングを
見直さないとダメだと再確認。それと折角握った10500ヒュージゴーレムを使わない
まま腐らせてしまったのもダメでした。
次はディスティネ杯に関西Z/X会チームで参加です。
やはりブレイバーで行くか悩みどころです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。